購入は30代が最多 マイホーム購入金額の3割を20代で貯める

公開日: 更新日:

 住宅、教育、老後の3つの資金は人生の3大出費とされる。いずれも1000万円単位でお金が必要になるという。

 とはいえ、こんな大金をすぐに用意するのは宝くじにでも当たらない限り無理な相談だ。早めに貯蓄を始めて準備するか、ローンを組んだりするか、あるいは、親の支援で対応することになる。

 では、どうやって準備すればいいのだろう。3大出費のうち、1回目は住宅資金だ。

 年代別に住宅購入予定を問うと、20代は約6割、30代は約4割、40代で約2割と若い世代ほど住宅購入予定が高くなる(「家計の金融行動に関する世論調査・二人以上世帯調査」2018年)。

 若い世代ほど持ち家志向が強いということは、まずは購入資金の一部(購入代金の約3割かそれ以上が一般的)を早いうちから貯めていることが想像できる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  6. 6

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  7. 7

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  8. 8

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  9. 9

    山梨県知事「五輪中止」発言 裏で糸引く二階幹事長の思惑

  10. 10

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

もっと見る