忙しいサラリーマンこそ朗読を 指導者が説く意外な効果

公開日: 更新日:

 青森、名古屋、松山……全国から生徒が集まる東京・調布の朗読教室「ソフィアの森朗読塾」。NHK総合のテレビドラマ「この声をきみに」(2017年)で朗読指導を務め、「奇跡の朗読教室 人生を変えた21の話」(新泉社)の著者・斉藤ゆき子さん(57)が朗読を教えている。

「朗読は、教科書や資料を読み上げるような『音読』とは違います。聞き手に向けて、物語の内容を声で表現することが、朗読なんです」(斉藤ゆき子さん)

 レッスンはまず、「あえいうえおあお」や、早口言葉などの発声練習からスタート。次に、生徒同士でペアになり、出題されたテーマで1分間ずつ話す。「聞き手に向かってしゃべる」練習だ。教室には笑い声が広がる。

 その後、斉藤さんが文学作品を配布した。この日の題材はショートショート。一人称での語りが延々と続く文章で、朗読の難易度は高い。斉藤さんのお手本や解説を踏まえ、生徒が順に朗読していく。斉藤さんが「セリフの部分が、自然で生き生きとしていましたね。声が作品によく合っています」と生徒に話しかけるなど、レッスンは和やかに進む。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  5. 5

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  6. 6

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  7. 7

    自粛要請も海外旅行→コロナ感染→卒業式出席の呆れた行動

  8. 8

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  9. 9

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る