30分で完売「迷惑行為防止スタンプ」痴漢冤罪は大丈夫か?

公開日: 更新日:

 痴漢の手にポンとハンコ――。シヤチハタの「迷惑行為防止スタンプ」(2700円)が話題だ。26日のテスト販売では500個が30分で完売した。

 縦66ミリ、横22ミリの筒状で、同社が開発したUV発色インクを使用。人の手などにスタンプすると、肉眼では見えないが、付属のブラックライトを照射することでマークが浮かび上がる。カバンなどに吊すフックがついている。

「皮膚に染み渡る性質のインクなので、水道で洗うと消えますが、ツバでこする程度では消しづらいようです。ただ、本体の色を人が認知しやすい黄色にしていることからもお分かりのように、痴漢の抑止効果のために開発しました」(シヤチハタ広報部)

 痴漢を捕まえることより、迷惑行為を自制させることを狙った商品だ。

■美人局に悪用されるおそれ

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  6. 6

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  7. 7

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  8. 8

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  9. 9

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  10. 10

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

もっと見る