横山光昭
著者のコラム一覧
横山光昭家計再生コンサルタント

家計再生コンサルタント、ファイナンシャルプランナー。借金したり貯金ができない家計の弱点を探り、確実な再生計画を見いだすプロ。これまで約1万5000人以上の家計再生を手がけた。

父の死後も貯蓄を崩して散財を続ける母に危機感を抱く長男

公開日: 更新日:

【K家の現状】Kさん(72)は会社の相談役。7年前に夫を亡くし、夫の会社を長男(30代)が引き継いだ。1人暮らしで資産は預貯金のほか、保険で約800万円、住宅は売却時1800万円ほどになる見込み。

 Kさんはかつてご夫婦で会社を経営していました。暮らしは裕福で、好きなことにお金を使うことができていたそうです。お金の使い方は、夫が亡くなった後も変わらず、欲しいがまま自由に使っています。たくさん習い事をし、移動はタクシー中心。洋服も欲しいものは惜しみなく購入し、交際費、娯楽費も多めです。

 食事は外食が多く、1人暮らしと思えないほどの金額です。時にはお手伝いさんに家事を頼むような暮らし方を、貯蓄を崩しながら続けています。

 そんな暮らしができるのも会社を引き継いだ長男の好意があるから。78歳まで相談役の立場で報酬をもらえることになっています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  3. 3

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  4. 4

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  5. 5

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  8. 8

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

  9. 9

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  10. 10

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

もっと見る