ケータイ「家族割り」大手3社を徹底比較 お得なのはどこ?

公開日: 更新日:

 毎月決まって払うものは少しでも安く抑えたい。携帯料金もそのひとつだ。料金プランの検討は当然として、ほかにもチェックポイントはいろいろある。

 たとえば家族割引。回線数に応じて、対象プランの月額料金を割り引くサービスに注目したい。

 NTTドコモが今年6月にスタートさせた「みんなドコモ割」は、同一「ファミリー割引」グループ内の回線数に応じて、自動的に月額料金を割り引くというもの。対象となる料金プランは「ギガホ」と「ギガライト」で、月々の割引額は回線ごとに最大1000円だ(税抜き=以下同)。

 具体的には、ファミリー割引グループ内における音声通話が可能な料金プラン(一部除く)契約回線をカウント。2回線なら月額500円、3回線以上であれば同1000円が割り引かれる。

 つまり、カウント対象のみのプランもお得につながる大事な存在。もちろん、グループ内の全回線がギガホ、ギガライトなら、みんながうれしい。いずれにしても、まずはファミリー割引(要申込み)。ドコモが定める三親等以内の親族であれば、同居・別居を問わずグループを組めるのでお得をゲットしやすい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  5. 5

    安藤裕氏 コロナ禍こそ平成の経済対策に終止符を打つべき

  6. 6

    オスマン・サンコンさん 第3夫人通い婚にボランティア活動

  7. 7

    大原則 政治家も宗教家も「政教分離」意味を知らないのか

  8. 8

    遅刻の虎藤浪は無期限二軍も…「メジャー挑戦が最善」の声

  9. 9

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

  10. 10

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

もっと見る