災害時にタクシー配車アプリ使えるか 業界最大手に聞いた

公開日: 更新日:

 戦後最大といわれる台風15号の猛威で、9月9日の首都圏ではJR東日本を中心に交通網が軒並みマヒした。運転再開時間を過ぎても電車は動かず、改札に入るのに1時間。ホームで待って1時間なんてケースはざらであった。

 頼みの綱となるのはバスやタクシーなどの自動車だが、タクシー乗り場では待機待ちが長蛇の列だった。「そこまでして会社で仕事をしたいのか」と、ネットでは「社畜」話で盛り上がっていたが、どうしても出勤しなければならない人はいるし、旅行などで動かせない予定がある人も多い。

 そんなとき、どうしたらタクシーがつかまるのか。最近ではスマホアプリの「配車アプリ」を使ってタクシーを呼んだり、予約したりできるが災害時はどうなのか。

■タクシー配車アプリ

 主な配車アプリにはJapanTaxi(日本交通系)、MOV(DeNA系)、DiDi(ソフトバンク系)、S.RIDE(ソニー系) などがあり、Google PlayやApp Storeからダウンロードが可能。クレジットカードを登録すればキャッシャレスでの支払いもできる。

 アプリを上手に使えた人もいたようで、「前日から予約していた」さらには「アプリの初回限定キャンペーンで無料で乗れた」というケースもある。配車アプリでは、地域や期間限定で500円から2000円程度の割引クーポンを入手できる場合もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  4. 4

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  5. 5

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  6. 6

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  7. 7

    傲慢マッチ処分の裏側…“育ての親”メリー氏が苦渋の選択

  8. 8

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  9. 9

    タッキー副社長の評価急上昇 リストラに新事業に獅子奮迅

  10. 10

    検察が安倍前首相の“悪事”を暴かなければ国民は許さない

もっと見る