三枝成彰
著者のコラム一覧
三枝成彰作曲家

1942年、兵庫県生まれ。東京芸大大学院修了。代表作にオペラ「忠臣蔵」「狂おしき真夏の一日」、NHK大河ドラマ「太平記」「花の乱」、映画「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」「優駿ORACIÓN」など。2017年、旭日小綬章受章。

関西電力の社長続投が驚くことではなくなったことに絶望

公開日: 更新日:

 頭でっかちの官僚タイプが指揮を執れば、勝てる戦いも勝てない。これは石田三成が関ケ原で証明している。彼は事務処理能力は高かったが、いくさを知らなかった。しかも、敗戦が濃厚になると逃げ延びようとしている。途中で捕らえられて処刑されたが、どこまで自分の責任で多くの犠牲を出したと思っていたのだろうか。

 安倍さんは、森友学園の国有地払い下げ問題について、「私の妻が関わっていたら総理大臣も国会議員も辞める」と言った。その後、夫人付の経産省女性職員が土地売買について関係部署に問い合わせていたことが明らかになった。それなのに安倍さんは、いまも総理大臣を続けている。

 それを思えば、関西電力の社長が辞めようとしないのも、決して驚くことではない。ただ、だれも責任を取らない現実に絶望するだけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  3. 3

    出所の高山若頭が人事で動き回り「山口組3派」は荒れ模様

  4. 4

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  7. 7

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    根強く残る人種差別 W杯優勝の南アフリカ代表“美談”の裏側

  10. 10

    ラグビー日本代表 2023年W杯への若手育成阻む「2つの壁」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る