田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

「千駄ヶ谷の受け師」「おじさん棋士」の悲願の初タイトル

公開日: 更新日:

 最近の将棋界は、王位戦で豊島将之王位(29)に挑戦した木村一基九段(46)の奮闘ぶりが大いに注目されていた。

 豊島は5月に名人を初めて獲得し、強さと勢いがみなぎっていた。下馬評では木村の敗退が予想された。実際に豊島は王位戦で最初に2連勝した。しかし、木村が第3局で豊島の猛攻をきわどくしのいで勝つと、勝負の流れが微妙に変わった。その後、3勝3敗の五分となり、最終の第7局に持ち込まれた。

 なお、両者は王位戦と並行して竜王戦の挑戦者決定戦でも争い、豊島が2勝1敗で広瀬章人竜王(32)への挑戦権を得た。

 王位戦第7局では、木村が会心の指し回しで豊島に勝ち、王位を獲得した。46歳での初タイトルは最年長記録である。木村新王位は、記者会見で目頭を押さえる場面があった。過去のタイトル戦での苦い敗北に万感の思いがあったようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  4. 4

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  5. 5

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  6. 6

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  7. 7

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  8. 8

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る