田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

「千駄ヶ谷の受け師」「おじさん棋士」の悲願の初タイトル

公開日: 更新日:

 最近の将棋界は、王位戦で豊島将之王位(29)に挑戦した木村一基九段(46)の奮闘ぶりが大いに注目されていた。

 豊島は5月に名人を初めて獲得し、強さと勢いがみなぎっていた。下馬評では木村の敗退が予想された。実際に豊島は王位戦で最初に2連勝した。しかし、木村が第3局で豊島の猛攻をきわどくしのいで勝つと、勝負の流れが微妙に変わった。その後、3勝3敗の五分となり、最終の第7局に持ち込まれた。

 なお、両者は王位戦と並行して竜王戦の挑戦者決定戦でも争い、豊島が2勝1敗で広瀬章人竜王(32)への挑戦権を得た。

 王位戦第7局では、木村が会心の指し回しで豊島に勝ち、王位を獲得した。46歳での初タイトルは最年長記録である。木村新王位は、記者会見で目頭を押さえる場面があった。過去のタイトル戦での苦い敗北に万感の思いがあったようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    京大教授藤井聡氏 大阪都構想は維新への信任投票ではない

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  4. 4

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  7. 7

    いしだ壱成さんが語る「生活保護不正受給疑惑」報道の真相

  8. 8

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  9. 9

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  10. 10

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

もっと見る