健康効果も抜群 中年サラリーマンにフルーツ狩りのススメ

公開日: 更新日:

 ブドウ、ナシ、リンゴ……その次はミカンか。味覚狩りシーズン真っ盛りだ。家族にせがまれて、出掛けるお父さんも多いのでは。

 実は、こうした果物の収穫はミカンとリンゴがダントツで多い(単位はトン、農林水産統計平成30年度から)。

・ミカン…77万3700
・リンゴ…75万6100
・ナシ……23万1800
・ブドウ…17万4700

 夏の味覚の代表、モモは11万3200トンだから、ミカンとリンゴの突出ぶりが分かる。

 季節の果物が、中年サラリーマンの健康にもいいのは言うまでもない。

「基本は日本古来の果物で、露地にできたものを果物の旬に食べること。それが体の摂理に合っています。ハウスなどで育てたモノはオススメしません。その意味で、畑の木から直接もぐフルーツ狩りはいい。特にリンゴはカリウムがいっぱいで、塩分を体外に排出するので中年世代にうってつけ。ただ、果糖が多いので取り過ぎは禁物です」(「由比りか料理教室」主宰の由比理嘉氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  4. 4

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  5. 5

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    「紅白」紅組司会は綾瀬はるか…“本命”広瀬すず落選のナゼ

  8. 8

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  9. 9

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  10. 10

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る