定年で再雇用生活に突入するも…1カ月の赤字額が大きい

公開日: 更新日:

【F家の現状】夫(60歳)は再雇用勤務が始まったばかり。妻(58歳)はパート勤務。長女(30)、次女(25)は共に独立し、夫婦2人暮らし。

 Fさん夫婦の老後資金は、退職金の約1000万円と、今までの貯蓄200万円の合計約1200万円です。これが十分ではないことを実感しているFさんは、定年後も再雇用で働きながら、貯蓄を減らさないように暮らそうと考えていました。

 ですが、実際に定年後に突入すると、家計の収支は大幅な赤字。ざっと6万円ほど貯蓄を取り崩さないとやっていけません。いま改善しておかないと、老後破綻の可能性がある――と焦り、相談にやってきました。

 住宅ローンの返済が終わり、現役時代より支出は減ったものの、生活レベルを落とすことができずにいます。「少々、節約は意識している」と言いますが、1年ほど前に独り立ちした次女のスマホ代を負担したり、娘たちに食材を分け与えたり、独立している子供たちにお金をかけています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  2. 2

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  3. 3

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  7. 7

    三流国家のワル経営者に蝕まれる日本企業に世界が冷笑

  8. 8

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  9. 9

    丸の活躍で味をしめ…原巨人の次なる標的は中日159km左腕

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る