紅葉シーズン突入 筑波や箱根を「お得きっぷ」で巡る旅

公開日: 更新日:

 行楽の秋。本格的な紅葉シーズンに向けて、鉄道のお得きっぷを検討してみたい。

 たとえば、筑波山をお得に楽しめる、つくばエクスプレス(TX)の「筑波山きっぷ」はどうだろう。TX線各駅からつくば駅までの1往復に、筑波山までのシャトルバス1往復(一部フリー区間)と、筑波山ケーブルカー&ロープウエー乗り放題がセット。さらに協賛店で割引サービスなどが受けられる特典も付いている。

 2日間有効だが、1日でも十分に元が取れそう。たとえば秋葉原駅発の場合、発売額は4380円(大人、以下同)。通常、秋葉原駅からつくば駅までの往復運賃は2420円(IC2410円)なので、これを基準とすると、1960円が他の乗り物分になる計算。

 通常だといくらかかるのか。シンプルにシミュレーションしてみた。つくば駅からの「直行筑波山シャトルバス」(関鉄バス)は、「つつじケ丘」まで900円(IC891円)。そこからロープウエーが片道630円で、ケーブルカーは同590円。帰りはそのまま「筑波山神社入口」バス停から乗ると、つくば駅までは740円(IC734円)なので、合計2860円。これが筑波山きっぷなら1960円で済むわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  2. 2

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  3. 3

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  4. 4

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  5. 5

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  6. 6

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  7. 7

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  8. 8

    三菱グループではないのに商標が使える「三菱鉛筆」の謎

  9. 9

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  10. 10

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

もっと見る