【甘エビの醤油漬け】卵と味噌をジュッと吸って身をパクッ

公開日: 更新日:

さか月(東京・月島)

 秋になると、やはり温かい酒が恋しくなる。カウンター越しにリクエストすると、選んでくれたのが、栃木は菊の里酒造の大那。それも、秋の風物詩であるひやおろしである。濃醇な風味を生かすため、ぬる燗でつけてくれるあたりが、心憎いじゃありませんか。

 で、それに合わせて出してくれたのが、今回のダンツマだ。

「卵を抱いているので、まず、その卵をジュッと吸ってください。次に頭を取って、中の味噌をこれまたジュッと。最後に殻をむいて、エビの身をパクッと。どうです?」

 ジュッとやってクイッ、ジュッとやってクイッ、パクッとやってクイッ……。

「1尾でおちょこ3杯はいけますよね」と坂下さんは言ったが、いや、行儀は悪いが、指についた漬けだれをペロッとやってクイッ。4杯いける。

 大変だ、日本酒がいくらあっても足りない。

「簡単な漬けだれですが、ホタテやサワラなんかを漬けても抜群です。ぜひ、試してみてください」

《材料》
・甘エビ(生食用)  10尾
・漬けだれ(酒とみりんを2:1の割合で) 250㏄
・薄口醤油 90㏄

《レシピ》
(1)漬けだれをつくる。酒とみりんを鍋に入れ、強火にかけて沸騰させたら火を止め、冷ましておく。
(2)冷ました①に薄口醤油を加え、甘エビを入れて1日漬ける。

▽坂下俊(さかした・しゅん)
 1985年、岩手県久慈市生まれ。水産高校の食物科を卒業後、豪州に留学。現地レストランの厨房で料理人としてのキャリアをスタートさせ、帰国後は横浜の中華街、フレンチ、パスタ専門店などで腕をふるった。その後、都内の和食店で料理と日本酒を学び、今年1月に独立。確かな料理はもちろん、丁寧で明るい接客にファン多数。

▽さかづき
 坂下さんが2019年1月にオープンさせた、立ち飲みの割烹料理店。料理はおまかせのみで、3品1500円、6品3000円の2種。日本酒は常時50種類以上が用意され、1杯650円。カジュアルな立ち飲みスタイルながら、クエやマツタケなどの高級食材を惜しげもなく使った本格的な料理と酒がリーズナブルに味わえると、早くも下町の人気店になっている。

中央区月島3―11―11 マガザン月島Ⅲ1階
℡03・5144・6226

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  7. 7

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  8. 8

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  9. 9

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  10. 10

    不祥事連発ジャニーズJr. “22歳活動終了制度”導入の波紋

もっと見る