中西美穂
著者のコラム一覧
中西美穂フォトジャーナリスト

1980年生まれ。元週刊誌記者。生殖補助医療、妊娠・出産、障害を中心に取材活動を行う。

幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

公開日: 更新日:

 10月からスタートした幼児教育・保育の無償化。今年度の予算101兆4571億円のうち、幼保無償化には3882億が計上され、政府は出生率増加を狙っている。しかし、現実は過去最低の1・42(2018年度)で、2016年に100万人を下回ってからわずか3年間で、今年度の出生数は90万人を割る可能性があると指摘する報道もあった。

 そもそも、政府が少子化対策に力を入れ始めたのは94年。「エンゼルプラン」と銘打ち、少子化の食い止めや女性の社会進出の推進に力を入れ始めた。その後も形を変え、政府としてはさまざまな施策を講じてきたのだが、少子化は歯止めがかからずに進んでいる。

 その最大の原因は、多子世帯(多胎児世帯)への配慮が行き届いていないことが考えられる。日本では何をするにも「最大で子供2人」を想定しているシチュエーションが多く、多子世帯にとって非常に育児がしづらい環境になっているといえる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  6. 6

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  7. 7

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  8. 8

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

もっと見る