ギリシャ・イカリア島 紺碧のエーゲ海と白壁の「青と白」

公開日: 更新日:

 旅が面白いのは、そこにしかない景色や人、文化に触れられるから。ただし、人生は短く、訪れることができる場所は限られる。仕事や趣味で海外を飛び回る人たちは、どこで、どんな世界を見ているのか――。一度は行きたいと感じる「絶景」を届けよう。

 ◇  ◇  ◇

 エーゲ海に浮かぶイカリア島はギリシャ神話に登場し、イカロスはこの島の近海に墜落したという逸話が残る。“死ぬことを忘れた人々が住む島”とも称され、ブルーゾーン(健康長寿の人が多く住む特別な地域)にも選ばれている。 

「紺碧のエーゲ海と白壁の家や路地がつくりだす青と白の絶景です。いつまでだって眺めていられます」

 ここには、イカリア島に住む人々の「健康長寿の秘密」を探る番組ロケで訪れた。

「98歳のおじいさんと88歳のおばあさんに密着したのですが、血管年齢がそれぞれマイナス16歳とマイナス34歳でした。あんな絶景のなかで生活をしていたら、長生きできるかもしれませんね。イカリア島は90歳以上の割合が多いといわれているそうです。食べ物で特徴的なのは、蜂蜜をよく使うこと。紅茶に入れたりするようです。オリーブオイルをたっぷり使った料理も多く、魚を素揚げにしただけでいただいた料理はおいしかった。それと、普段から少量のワインを飲まれているようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  3. 3

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  4. 4

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  5. 5

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  9. 9

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

  10. 10

    TVタックル主題歌で注目 東野純直さんはラーメン屋店主に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る