雪化粧したスイス「マッターホルン」を大迫力のまま収める

公開日: 更新日:

 旅が面白いのは、そこにしかない景色や人、文化に触れられるから。ただし、人生は短く、訪れることができる場所は限られる。仕事や趣味で海外を飛び回る人たちは、どこで、どんな世界を見ているのか――。一度は行きたいと感じる「絶景」を届けよう。

  ◇  ◇  ◇

 スイスとイタリアの国境にそびえるマッターホルンは、知名度が抜群でアルピニストに人気の山です。ただし登山するとなると難しいと思う人もいるでしょう。実は登山せずとも、写真のような迫力ある絶景を望めるのです。

 マッターホルンは、麓の町のツェルマットから登山鉄道のゴルナーグラート鉄道に乗っていくのですが、ツェルマット駅の近くには15分おきに発車するケーブルカーの駅もあります。これに3分乗れば、スルガ展望台に着きます。途中の階段がキツくて少し息切れしますが、ここからなら登山しなくても、手が届きそうなくらい近距離でマッターホルンをカメラに収められるんです。高山病のリスクがないのもうれしいですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  9. 9

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  10. 10

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る