妊娠・出産を乗り越え弁護士に…宣誓式で判事が粋な計らい

公開日: 更新日:

 米国で行われた新人弁護士の宣誓式で、式を取り仕切った判事が示した粋な計らいに共感の輪が広がっている。

 米ニュースサイトGNN(11月12日付)などによると、テネシー州ナッシュビルに住むジュリアナ・ラマーさん(写真右)は、ベルモント大学法学部に在学中に妊娠し、1年前に息子のベッカムちゃんを帝王切開で出産した。

 厳しい出席制限をクリアするため、ジュリアナさんは出産直後から痛みをこらえて授業に復帰。米陸軍兵士として近くの基地に勤務する夫のジェイボンさんの献身的な支えもあり、大学を卒業したばかりか、見事に弁護士資格も取得した。

 先日行われた宣誓式を取り仕切ったテネシー控訴裁判所のリチャード・ドーキンス判事(同左)は、ジュリアナさんが判事の書記として勤務したこともあり、彼女の事情をよく知っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階堂ふみがトバッチリ…森七菜“移籍騒動”本当の黒幕は?

  3. 3

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  4. 4

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  7. 7

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  8. 8

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  9. 9

    政府肝入り「新幹線輸出」が頓挫…台湾が新車両購入を拒否

  10. 10

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

もっと見る