妊娠・出産を乗り越え弁護士に…宣誓式で判事が粋な計らい

公開日: 更新日:

 米国で行われた新人弁護士の宣誓式で、式を取り仕切った判事が示した粋な計らいに共感の輪が広がっている。

 米ニュースサイトGNN(11月12日付)などによると、テネシー州ナッシュビルに住むジュリアナ・ラマーさん(写真右)は、ベルモント大学法学部に在学中に妊娠し、1年前に息子のベッカムちゃんを帝王切開で出産した。

 厳しい出席制限をクリアするため、ジュリアナさんは出産直後から痛みをこらえて授業に復帰。米陸軍兵士として近くの基地に勤務する夫のジェイボンさんの献身的な支えもあり、大学を卒業したばかりか、見事に弁護士資格も取得した。

 先日行われた宣誓式を取り仕切ったテネシー控訴裁判所のリチャード・ドーキンス判事(同左)は、ジュリアナさんが判事の書記として勤務したこともあり、彼女の事情をよく知っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  4. 4

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  5. 5

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  6. 6

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  7. 7

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  8. 8

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  9. 9

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  10. 10

    「まさか、そんなことまでは…」を平然とやる安倍政権

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る