牧原俊幸さん<3>マジックには「けっこうお金使いました」

公開日: 更新日:

 入社1~2年目は、同局の名物番組「プロ野球ニュース」担当だったため、勤務は夕方から深夜までの夜勤状態だった。

「プロ野球ニュースの出番が終わり、アナウンス室に戻ると、もう12時すぎ。いや、1時近くだったかな。当然、ほとんど誰もいません。そこへ3年先輩の山村美智子(当時)さんが、髪をずぶ濡れにしてタオルを巻いたまま、ひとり寂しく入ってくる。

 当時、山村さんは『オレたちひょうきん族』でサブ司会を担当していましたが、おそらく収録でバケツの水をかぶったんでしょう。それが一度や二度じゃないんです。それまで山村さんはバラエティー番組の経験はなかったそうですが、ずぶ濡れの姿を見るにつけ、“女子アナは大変な仕事だなぁ”と同情した覚えがあります」

 当時のフジテレビは“楽しくなければテレビじゃない”をキャッチフレーズに、バラエティー路線に注力していた。特に、山村美智子アナと「なるほど!ザ・ワールド」で世界中を飛び回っていた益田由美アナの2人は“女子アナブームのはしり”だったと振り返る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る