池田保行
著者のコラム一覧
池田保行ファッションエディター&ライター

メンズファッション誌を中心に、ビジネススーツなどメンズスタイルについて執筆するファッションエディター&ライター。「All Aboutメンズファッションガイド」も務める。

遊び心は一切不要 葬儀の礼服でこれだけは注意すべきこと

公開日: 更新日:

 冠婚葬祭時の礼装にはさまざまなマナーがあるが、これをきちんと体系的に学ぶ機会は少ない。

 周りに相談したり、ネットで検索したりしても、見る人によっては「マナー違反」と捉えかねない箇所が多々ある。

 特に弔事において、それは顕著だ。欧米ではグレー、日本ではブラックスーツとされているが、濃色のチャコールグレーも許される。シングル、ダブルは問わないが、たとえ冬でもスリーピースはベストを脱ぐべきだ。

 ワイシャツはブロード生地の白無地に限る。カジュアルなオックスフォード地はマナー違反。目立たなくても柄モノは織りもプリントも一切不可だ。ダブルカフスや、ボタンダウンカラーも避けねばならない。

 ネクタイは、シルクの黒無地一択。これも柄モノは不可である。気をつけなければならないのは、普段ネクタイを結ぶ時、ノットの下にディンプル(エクボ)を入れている人も、弔事にはディンプルを入れずに結んでいくこと。ディンプルは「遊び心」の一種であり装飾と見なされる。弔事に装飾は厳禁だからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  5. 5

    香取慎吾オワコン化「アノニマス」打ち切り危機で酷評の声

  6. 6

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  7. 7

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  8. 8

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

  9. 9

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  10. 10

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

もっと見る