東京湾で500匹発見! 知っておきたいヒアリの生態と恐怖

公開日: 更新日:

 果たして食い止められるか? 毒を持つ特定外来生物「ヒアリ」の日本侵略だ。今年9月以降、東京港で相次いで見つかり、先月25日には三重・四日市港でも発見。環境省は同29日、東京港で新たにヒアリの働きアリ500匹以上を見つけた、と発表した。

 南米原産で、1930年代にアメリカ、今世紀に入って中国、台湾、オーストラリアなどの環太平洋沿岸諸国に定着。日本もいまやその瀬戸際にいる。

 そもそもヒアリとはどんな生態で、どれだけ恐ろしい生き物なのか。改めて知っておきたい。特定外来生物を含む110種類・100万匹以上の害虫を研究用に飼育する「アース製薬」生物研究課の有吉立さんに聞いた。

「当研究室では、アルゼンチンアリやセアカゴケグモも飼っていますが、ヒアリは飼っていません。うちだけでなく、日本中どこも飼えない状況。まだ日本に生息していない前提なので、生体を飼育するどころか、研究用に持ち込むこともできないんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  3. 3

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  4. 4

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  5. 5

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  6. 6

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  7. 7

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  8. 8

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  9. 9

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  10. 10

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る