ダニエル・ビダルさん 翌日のラタトゥイユを卵でアレンジ

公開日: 更新日:

 パパが働いていたモロッコで生まれ、その後はマルセイユに移り、子供の頃からクラシックバレエや子供のミュージカルを習いました。歌手になったのは全仏のコンテストで2位になったのがキッカケで、家族でパリに引っ越してデビューが決まりました。

 日本でデビューしたのはフランスのレコード会社と日本のキングレコードが提携し、フランスの歌手を日本で売り出そうということになって。当時は「夢見るシャンソン人形」とかフレンチポップがはやっていてね。1969年に、デビュー曲「天使のらくがき」が日本で1位になり、日本に行くことになって。羽田空港に着いた時は取材が大勢来ていて驚いたのを覚えています。

 71年には「オー・シャンゼリゼ」が発売になり、大ヒットしました。ビザの関係で帰国したりしながら日本で長い間、暮らしました。トータルで15年くらいいたかな。ダンナさんも日本人です(グループサウンズ「チャコとヘルス・エンジェル」メンバーの柴田功)。一緒にパリに帰って81年に結婚して息子も生まれて。

 デビューした時は子供っぽいイメージだったから、大人にイメチェンするために休んだ時期もありますが、ロワールのお城、エッフェル塔、ベルサイユ宮殿でディナーショーを開いたり、訪日して布施明さんのディナーショーに出たり、ホテルニューオータニの「クリスタルルーム」でレビューもやりました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  3. 3

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  4. 4

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  5. 5

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  6. 6

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  7. 7

    飯豊まりえに“ミタゾノの呪い” 過去のヒロインは引退沙汰

  8. 8

    ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

  9. 9

    確定申告電話相談センターに医療費控除あれこれ聞いてみた

  10. 10

    アメとムチを使い分け…剛腕・滝沢秀明副社長の孤軍奮闘

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る