「麺や庄の」など運営 「麺庄」社長・庄野智治さんの巻<3>

公開日: 更新日:

割烹 新宿 中嶋(東京・新宿)

 きょうのランチは、素朴な和食が食べたい。午前中に仕事をしながらそんな気分になると、決まってお邪魔するのが、こちらです。

 新宿3丁目の丸井の裏には、名曲喫茶でお馴染みの「らんぶる」が今も店を構えています。その向かいの路地を入ってすぐ。左手に「割烹 中嶋」の看板が目に留まります。注意して歩いていないと、通り過ぎてしまいそうなたたずまい。3丁目交差点の喧騒とは裏腹に、落ち着いた雰囲気が漂っています。

■ランチはイワシ1本

 ランチの営業は11時30分からですが、開店を待ちわびている人が連日、地下にある店の階段に列をつくっています。

 ピークをはずして12時50分ごろに到着。階段には5人ほどの列があって、待っている間にもさらにお客さんが。でも、15分ほどで入店できました。

 ランチの食材は、イワシのみで、メニューは「刺身」「フライ」「煮魚」「塩焼」「柳川鍋」の5種類。待っている間にメニュー表を渡され、あれこれ悩むのが順番待ちの楽しみですが、私は「煮魚」の定食に単品の「刺身」を追加すると決めていました。後ろの常連さんもそのクチで、「『刺身』の1・5」と慣れたオーダーです。

 ホールを仕切る女将さんと女性のスタッフは、「相席でもよろしいですか」と確認しながらお客さんを誘導します。その誘導が巧みで、私と後ろの方は1人客で、6人掛けのテーブルの奥に向かい合う形で着席。ほどなく2組の2人客が、われわれの横に2人ずつ並ぶ形で座り、1席も余すことなく座りました。

“刺し身1.5”の常連客は「レモン多め」

 客層は30代後半から上で、騒ぐ人はいないし、テーブルも広々しているので、相席でも周りを気にすることはありません。ゆったり食事ができるのです。

 目当ての煮魚は2匹。箸がスッと入ってふっくらとした炊き加減。ひと切れを口に運ぶと、甘すぎず辛すぎず、あめ色の身はちょうどいいあんばいで、一粒一粒の粒が立ったご飯が進むのです。

 薄切りの刺し身は、鮮やかなピンク色が鮮度のよさを物語っています。食べて納得。ビンビンの鮮度で、ゴマとネギがほどよく和えてあり、これがいい仕事をしています。そういえば向かいの方は「レモン多めに」と仲居さんにつけ足していましたが、レモンを搾ってみてその意味が分かったのです。

 イワシのウマ味にほどよい柑橘の酸味が加わって、ゴマの風味とネギの香りの四重奏。ランチながらどこまでも丁寧な仕事ぶりが光るのです。

 5種類とも、ご飯と味噌汁、お新香がついて880円(柳川鍋のみ990円)は、めちゃくちゃリーズナブル。メインに選んだ定食にほかの料理の1品追加は660円。刺し身とフライのハーフの追加は、各385円。そんな料金体系なので、1540円で極上のランチを堪能しました。午後の仕事にはずみがつく名ランチです。

(取材協力・キイストン)

■割烹 新宿 中嶋
東京都新宿区新宿3―32―5 日原ビル地下1階
℡03・3356・4534

▽麺庄「麺や庄の」を皮切りに、グループは10店舗に拡大。「麺や庄のgotsubo」はフレンチのような鮮やかなつけ麺で、「自家製麺MENSHO TOKYO」のチャーシューは豪州産のラムを使用するなど全店が超個性的。

▽しょうの・ともはる ラーメンクリエーターとして独創性あふれるラーメンを開発。食材の追求にも余念がなく、試行錯誤の末にラム肉にたどり着く。豪州産の羊骨でダシを取り、チャーシューもラム肉に。若手の育成にも力を入れている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  2. 2
    ウクライナ兵の士気を高めるためにセクシー写真を! 心理学者の妙案が話題

    ウクライナ兵の士気を高めるためにセクシー写真を! 心理学者の妙案が話題

  3. 3
    盗難車数は昨年比2500%増! ゲーム感覚で韓国車を盗む「KIAチャレンジ」が米国で急増中

    盗難車数は昨年比2500%増! ゲーム感覚で韓国車を盗む「KIAチャレンジ」が米国で急増中

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    吉永小百合「女性タレントCMギャラ1億円超」の圧倒的貫禄 77歳で堂々1位君臨の理由

    吉永小百合「女性タレントCMギャラ1億円超」の圧倒的貫禄 77歳で堂々1位君臨の理由

  1. 6
    田中聖の“ダメジャニ”人生は史上最悪…捜査逃れ繰り返しファン女性にカネを無心

    田中聖の“ダメジャニ”人生は史上最悪…捜査逃れ繰り返しファン女性にカネを無心

  2. 7
    出産で重い脳性まひに…救済求め障害ある我が子と会見に臨んだ母親たちの覚悟

    出産で重い脳性まひに…救済求め障害ある我が子と会見に臨んだ母親たちの覚悟

  3. 8
    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

  4. 9
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  5. 10
    “オミクロン対応”新ワクチンの疑問…未接種者や1回のみでは打てないのか?厚労省に聞いた

    “オミクロン対応”新ワクチンの疑問…未接種者や1回のみでは打てないのか?厚労省に聞いた