「南国酒家」5代目社長・宮田順次さんの巻<3>

公開日: 更新日:

羊サンライズ(東京・麻布十番)

 おいしいジンギスカンの店は、北海道や東北にしかない。ずっとそう思っていましたが、東京・麻布十番のこのお店は違います。とにかくおいしい。

 一の橋から十番商店街に入って、路地を左に折れ、網代公園の手前のビルの3階にあります。店内は、カウンター15席と4人掛けのテーブルが1つで、カウンター中心です。連日6時の開店とともにカウンターが埋まっていき、ほとんど予約が取れません。

 なぜカウンター中心かというと、すべての肉はスタッフが焼いてくれ、ベストの状態でいただくことができます。

 羊肉に魅せられたオーナーは、北海道や東北など全国の牧場に足を運んで、品質や飼育環境を入念にチェック。羊を食べる文化が根づいているオーストラリアも訪れています。そうやってさまざまな地域の牧場と関係を密にして、さまざまな産地、さまざまな月齢のジンギスカンをベストな状態でいただくことができるのです。

 実は、国産ジンギスカンの流通量は1%。本場の北海道でさえ、オーストラリアやニュージーランド、アイスランドなどの輸入ラムやマトンが幅を利かせているのが現状。そんな中、国産のジンギスカンをいただけるのは、貴重です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  6. 6

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  7. 7

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  8. 8

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  9. 9

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  10. 10

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る