「南国酒家」5代目社長・宮田順次さんの巻<3>

公開日: 更新日:

羊サンライズ(東京・麻布十番)

 おいしいジンギスカンの店は、北海道や東北にしかない。ずっとそう思っていましたが、東京・麻布十番のこのお店は違います。とにかくおいしい。

 一の橋から十番商店街に入って、路地を左に折れ、網代公園の手前のビルの3階にあります。店内は、カウンター15席と4人掛けのテーブルが1つで、カウンター中心です。連日6時の開店とともにカウンターが埋まっていき、ほとんど予約が取れません。

 なぜカウンター中心かというと、すべての肉はスタッフが焼いてくれ、ベストの状態でいただくことができます。

 羊肉に魅せられたオーナーは、北海道や東北など全国の牧場に足を運んで、品質や飼育環境を入念にチェック。羊を食べる文化が根づいているオーストラリアも訪れています。そうやってさまざまな地域の牧場と関係を密にして、さまざまな産地、さまざまな月齢のジンギスカンをベストな状態でいただくことができるのです。

 実は、国産ジンギスカンの流通量は1%。本場の北海道でさえ、オーストラリアやニュージーランド、アイスランドなどの輸入ラムやマトンが幅を利かせているのが現状。そんな中、国産のジンギスカンをいただけるのは、貴重です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  9. 9

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る