「烏森百薬」などを展開 ミナデイン大久保伸隆社長の巻<3>

公開日: 更新日:

ふじ居(富山県・富山市)

 ご主人、藤井寛徳さんは富山の食材をひと味も、ふた味も引き立てる達人です。北陸の冬の名物といえば、甲箱ガニでしょう。コースの締めに、和食にアレンジされた甲箱ガニがいただけます。それが最高で、毎年この時季にお邪魔するのです。

 お店がある東岩瀬町は北前船の寄港地として栄えた地域で、富山ライトレールの東岩瀬駅を降りて歩いて向かうと、酒屋や昆布巻き屋、釣り具屋などが、当時を忍ばせる町家風情のまま軒を連ねています。歴史散策にうってつけ。満寿泉で知られる桝田酒造の試飲スペースの隣に店を構えています。

 歴史散歩で甲箱ガニモードがより一層高まったところで、「ふじ居」とかかれた白いのれんをくぐり、玄関の扉を開けると、女将さんがお出迎え。7席のカウンターの目の前には、立派な庭が広がります。

 前置きはこれくらいにして、スタートはマダラの子付けでした。関東では、タラを刺し身にするのは珍しい。昆布でしっかり締めた一切れに、たっぷりとタラの子をまぶしています。タイのように引き締まった身は、子がほどよい塩味を与え、出だしから感動。

 かぶらをみぞれ仕立てにしたお椀の主役は、グジでした。北海道・利尻の最高級昆布と鹿児島枕崎のかつお節で丁寧に取られたダシは、日本人ならホッとする味。グジのウマ味が優しく胃に収まります。

 もちろん、酒は満寿泉です。注文すると、富山のガラス作家・安田泰三さんの鮮やかな酒器を選ぶスタイル。食材も、器なども、とことん富山を追求しているのです。

 富山のある寿司屋のご主人は、「富山の食材はどれもおいしいけど、80点。それを100点、120点に引き上げるのが料理人の腕の見せどころ」とおっしゃっていました。藤井さんは、まさに120点の料理を出してくれます。ヒラメの刺し身は8時間の熟成で、一般的な店より厚切りに。ブリは、脂の乗ったスナズリと赤身の部分をそれぞれいただける心にくい気配りです。タラの白子は、ゆず釜で香りをのせています。

 金沢の「銭屋」、京都の「味舌」で修業し、2011年に地元・富山に戻って店をオープン。技術に裏打ちされているだけあって、味はもちろん、見て楽しめる仕上がりです。山の風景を再現した八寸は、絵はがきのようでした。

 皮目をパリッと焼いたブリの塩焼き、傘の部分が男性の親指くらいありそうな大なめこのお椀に続いて、真打ちの甲箱ケジャンです。

「生きたまま一晩漬けました」

 自家製の醤油ダレに漬けた一パイを見せてくれたら、それがさばかれて甲羅にのって登場。韓国にも醤油漬けのケジャンはありますが、これは和風のそれ。外子と内子もたっぷりで、自家製コチュジャンもいい。土鍋で炊いた銀シャリと一緒にいただくのです。

「最後は甲羅に入れて混ぜるとおいしいですよ」

 もはや説明不要ですが、甲箱ケジャンは事前予約限定なので念のため。夜のコースは2万円からと安くはありませんが、富山旅行の際はぜひ!

 (取材協力・キイストン)

富山県富山市東岩瀬町93
℡076・471・5555

▽ミナデイン 飲食店の経営を通じて、まちづくりをプロデュース。烏森百薬のほか、千葉では「里山transit」も経営。フランチャイズ・コンサルティング事業も手掛ける。

▽おおくぼ・のぶたか 1983年生まれ。千葉県出身。大学卒業後、大手不動産会社に就職するが、アルバイト時代の飲食店の仕事の面白さが忘れられず、2007年にエー・ピーカンパニーに入社。塚田農場錦糸町店の店長時代は、年間2億円の売り上げを出し続け、14年、副社長に。昨年、独立し、東京・新橋に烏森百薬をオープン。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

  2. 2
    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

  3. 3
    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

  4. 4
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  5. 5
    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

  1. 6
    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

  2. 7
    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

  3. 8
    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

  4. 9
    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

  5. 10
    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!

    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!