「まるこ」など展開 コジマ笑店小嶋崇嗣社長の巻<3>

公開日: 更新日:

立呑風太くん(東京・阿佐ケ谷)

 JR阿佐ケ谷駅北口から線路沿いを西に歩くと、昔ながらの大衆居酒屋やスナックがズラリと広がっています。そんなスターロード商店街の一角にある立ち飲み屋さんです。店名にピンとくる人もいるでしょう。

 オーナーは、中央線沿線の三鷹や吉祥寺などにも店舗展開していて、系列店には何らかの形でパンダがついています。開店当時、レッサーパンダの風太くんは後ろ脚でスッと立って一世を風靡しました。立ち飲みだけに、この名称はナイスセンスです。

 店内は、裸電球に照らされ、ガレージのような雰囲気。壁は、思い思いのサインが施されたマスがギッシリ。常連サンのマスで、その中に1000円札や小銭を入れておくキャッシュオンデリバリーのシステムです。

 名物のもつ煮(450円)は、たくさんのモツをたっぷりのネギが覆っていてボリュームがあります。ポテサラ(400円)は、卵を薫製していて、フライドオニオンがアクセントに。串カツ(1本200円)には、これまたたっぷりのタルタルが。ピクルスがいいあんばいで、アッサリとした後味なのがいい。

 そんな3大名物に大山ももの串焼きがついて、好きなドリンク1杯が飲める「夕にゃんセット」は何と1000円。ドリンクは何でもOKですから、500円の生ビールでもよし。もつ煮とポテサラは通常サイズより小ぶりですが、2本の串は通常サイズ。特に焼き鳥は大ぶりで、これは破格でしょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  4. 4

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  5. 5

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  6. 6

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  7. 7

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  8. 8

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る