祖母が64年前に着たドレスで…花嫁が「そっくり」と話題に

公開日: 更新日:

 インターネットの掲示板に投稿された2枚1組の結婚記念写真が話題になっている。

 米誌インサイダー(1月15日付電子版)などによると、クリスティーナ・モフェットさんとアレクサンダーさんは13年間の交際を経て、昨年10月に結婚した。結婚式に先立ち、ウエディングドレスを選ぶ際に、クリスティーナさんはまず過去に親族が着たドレスが使えるかどうか確認してみた。

 試してみたのは、母親、祖母、それにアレクサンダーさんの母親が結婚式で着たドレス。すると祖母が1956年に着たドレスが完璧にフィットすることが判明。クリスティーナさんの祖父は2013年に亡くなったが、祖母は存命している。クリスティーナさんが「式でおばあちゃんのドレスを着させて」と申し出ると、大喜びしたという。

 クリスティーナさんは1月3日、祖母と自分の結婚記念写真を組み合わせ、ネット掲示板のレディットに投稿したところ、大きな反響を呼んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  2. 2

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  3. 3

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  4. 4

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  5. 5

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  6. 6

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  7. 7

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  8. 8

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  9. 9

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  10. 10

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

もっと見る