仲良し!空港警備の警察官と犬のツーショットが全米で話題

公開日: 更新日:

 ヨガ・インストラクターのジーナ・アンザルドゥア・スティーブンソンさんは2月15日、旅行中に米テキサス州のダラス・ラブフィールド空港に立ち寄った際、犬好きの彼女の“ツボ”を直撃する光景に出くわした。

 空港内をパトロール中の男性警察官が警察犬と共にスマホで自撮りをし、それを犬と一緒に見ていたのだ。ジーナさんは思わずこの光景をスマホでパチリ。

 そして犬好きが集まるフェイスブックのページ「ドッグスポッティング・ソサエティー」に投稿したところ、共感を得て大反響を呼んだ。

 米地方テレビ局NBC5(2月19日付電子版)などによると、この警察官はダラス市警K9ユニット(警察犬部隊)のアンドレ・クロイド巡査で、犬は同ユニットのジギー。

 アンドレ巡査は、空港で写真を撮られたことに全く気がつかず、後日、フェイスブックで自分とジギーが話題になっていることを知り、ビックリ!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  8. 8

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  9. 9

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る