スペアタイヤの穴から首が抜けなくなった子犬の救出大作戦

公開日: 更新日:

「好奇心は猫を殺す」というイギリスのことわざ。「好奇心も度が過ぎると身を滅ぼしかねない」といった意味だが、アメリカで「好奇心は犬を殺す」と言いたくなるような“珍事”が起きた。

 米CBSテレビ(1月24日付電子版)などによると、カリフォルニア州コーチェラで1月22日、生後3カ月の雌のオーストラリアン・キャトル・ドッグがスペアタイヤの穴に頭を突っ込んだところ、抜けなくなって写真のようなありさまに。

 通報を受けて駆け付けたリバーサイド郡消防局の消防士らは最初、子犬の首の周りにオイルを流し込み、滑りを良くして引き抜こうとしたが、失敗した。そこで子犬を、動物保護施設の「コーチェラバレー・アニマル・キャンパス」に移送。対策を検討した結果、電動工具でタイヤの金属のリムを切ることになった。

 作業中に子犬が暴れてけがをしたらまずいので、薬で鎮静化。慎重に作業を進めてリムの切断に成功し、子犬は晴れて自由の身に! 作業をした男性がぐったりとした子犬を抱きかかえると、作業を見守っていた人びとから歓声が上がったという。

 リバーサイド郡の動物保護局の男性職員は、メディアの取材にこう語った。

「すごく心配でした。一体、何であんなことになったんでしょうね。まあ、子犬は子犬ってことでしょうか。好奇心に駆られてしまったんでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  4. 4

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  5. 5

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  6. 6

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  10. 10

    故宮で贋作販売? 騙された日本人旅行者が生々しく証言

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る