西谷綾子
著者のコラム一覧
西谷綾子

1986年、鳥取県生まれ。趣味は「体を動かすこと」。2016年、東京マラソンで3時間1分32秒の自己ベスト。特技はバスケットボール(インターハイ3年連続出場)。ジュニアアスリートフードマイスター。睡眠改善インストラクター。

セリーズ(コンラッド東京内)いちごの魅力に取りつかれて

公開日: 更新日:

 小ぶりの「キッシュ」の中にはいちごとハムとホウレンソウが入り、キッシュのまろやかさといちごの甘酸っぱさが混然一体!

「ミニアメリカンドッグ」にはナント! いちごケチャップじゃありませんか!トマトの代わりにいちごを使うなんてユーモアのセンスも抜群! とことん楽しませてくれます。

「いちごとピスタチオのムース」は、スポンジ部分に紅白のストライプがあしらわれてカーニバルらしさが表現されていました。可愛さに胸キュンしてしまいました。

 そんないちごオンパレードですが、ただ単においしい、可愛いだけではありません。ちゃんと栄養素もたっぷりあるんですよね。

 まずはいちごといえば「ビタミンC」。小ぶりなものでも10粒ほどで1日のビタミンCの必要量が摂取できちゃいます。コラーゲンの合成を助けてくれる働きも見逃せません。コラーゲンには細胞間をつなぐ結合組織タンパク質としての役割があって皮膚、骨、血管、筋肉などを丈夫にしてくれます。これによって肌にハリとツヤを与えてくれ、美肌を作る効果もあります。要チェックですね。ウフフ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  9. 9

    ファイザー供給減に自治体大混乱 接種加速から急ブレーキ

  10. 10

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

もっと見る