池田保行
著者のコラム一覧
池田保行ファッションエディター&ライター

メンズファッション誌を中心に、ビジネススーツなどメンズスタイルについて執筆するファッションエディター&ライター。「All Aboutメンズファッションガイド」も務める。

お洒落な人への近道 行きつけの店をつくって店員を味方に

公開日: 更新日:

「どうやったら、オシャレになれますか?」

 よくこう聞かれる。以前は「自分に似合う服を着ること」「ほどよく流行を取り入れること」などと細かくアドバイスしていたが、実際のところ、オシャレは一朝一夕には仕上がらない。

 常に感性を磨き続けなければ、多少の「見てくれ」を良くすることはできても、真の「オシャレ」にはなれない。若くしてオシャレな人は、ある一定の年齢から、それまでの服が似合わないことに気づく。

 その理由は、若いうちは機能的なスポーツウエアやコテコテのデザインウエアを着こなせるが、年齢とともに重厚かつ上質な素材のシンプルな服が似合うようになるから。後付け要素で補うファッションは一瞬華やいでも長くは続かず、味わい深いものほど長続きする。原料が良くなければ、飽きるのも早い、ワインやスコッチと同じようなものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  4. 4

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  5. 5

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  6. 6

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  7. 7

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    東京五輪へ“Wパンチ” 変異株と季節性流行が7~8月にピーク

  10. 10

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

もっと見る