池田保行
著者のコラム一覧
池田保行ファッションエディター&ライター

メンズファッション誌を中心に、ビジネススーツなどメンズスタイルについて執筆するファッションエディター&ライター。

お洒落な人への近道 行きつけの店をつくって店員を味方に

公開日: 更新日:

「どうやったら、オシャレになれますか?」

 よくこう聞かれる。以前は「自分に似合う服を着ること」「ほどよく流行を取り入れること」などと細かくアドバイスしていたが、実際のところ、オシャレは一朝一夕には仕上がらない。

 常に感性を磨き続けなければ、多少の「見てくれ」を良くすることはできても、真の「オシャレ」にはなれない。若くしてオシャレな人は、ある一定の年齢から、それまでの服が似合わないことに気づく。

 その理由は、若いうちは機能的なスポーツウエアやコテコテのデザインウエアを着こなせるが、年齢とともに重厚かつ上質な素材のシンプルな服が似合うようになるから。後付け要素で補うファッションは一瞬華やいでも長くは続かず、味わい深いものほど長続きする。原料が良くなければ、飽きるのも早い、ワインやスコッチと同じようなものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  8. 8

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  9. 9

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  10. 10

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

もっと見る