池田保行
著者のコラム一覧
池田保行ファッションエディター&ライター

メンズファッション誌を中心に、ビジネススーツなどメンズスタイルについて執筆するファッションエディター&ライター。

ジャケットのボタン「留める」と「留めない」マナーを知る

公開日: 更新日:

 上司に呼ばれたり、大切な取引先を訪問するときなど、ジャケットのボタンはきちんと留めるのがマナーだ。大人の服装は、相手に不快感を与えないものであるべきで、さらには自分自身が秩序にのっとった「社会性を身につけた人物」であることを示す道具だからだ。プライベートな休日の服装なら「快適第一」で結構だが、オンタイムの服装は周りに合わせて空気を読み、正しく装う必要がある。

 テーラード型ジャケットのボタンは一般的に2つか3つだが、これを全部留めて着るのは間違い。2つボタンなら下のボタンは留めず、3つボタンは仕立て方によって「中ひとつ留め」、もしくは「上中2つ留め」だ。こちらも下ボタンを留めることは絶対にない。「アンボタンマナー」といって、ジャケットの下ボタンはあくまで「装飾」であると心得たい。

 ダブルのジャケットの場合は、少し難しい。ダブルは基本的に右側のボタンだけ留めるようになっていて、左側は装飾だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  5. 5

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  6. 6

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る