池田保行
著者のコラム一覧
池田保行ファッションエディター&ライター

メンズファッション誌を中心に、ビジネススーツなどメンズスタイルについて執筆するファッションエディター&ライター。「All Aboutメンズファッションガイド」も務める。

ジャケットのボタン「留める」と「留めない」マナーを知る

公開日: 更新日:

 上司に呼ばれたり、大切な取引先を訪問するときなど、ジャケットのボタンはきちんと留めるのがマナーだ。大人の服装は、相手に不快感を与えないものであるべきで、さらには自分自身が秩序にのっとった「社会性を身につけた人物」であることを示す道具だからだ。プライベートな休日の服装なら「快適第一」で結構だが、オンタイムの服装は周りに合わせて空気を読み、正しく装う必要がある。

 テーラード型ジャケットのボタンは一般的に2つか3つだが、これを全部留めて着るのは間違い。2つボタンなら下のボタンは留めず、3つボタンは仕立て方によって「中ひとつ留め」、もしくは「上中2つ留め」だ。こちらも下ボタンを留めることは絶対にない。「アンボタンマナー」といって、ジャケットの下ボタンはあくまで「装飾」であると心得たい。

 ダブルのジャケットの場合は、少し難しい。ダブルは基本的に右側のボタンだけ留めるようになっていて、左側は装飾だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  9. 9

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る