テレワーク長期化で高まる不安…メカニズムを専門家が説く

公開日: 更新日:

 人間は、常に適当な、社会的な刺激を与えられていると脳が活性化し、心理的にも良い状態を保つことができる。逆に、刺激を絶やすと、その環境に耐えられなくなってしまう生き物らしい。

 テレワークは、いわば日頃のサラリーマン生活から“社会的な刺激を制限された状況”だ。これが長期化すると、心理的に危険な状況になる可能性があるという。

 埼玉学園大学の古澤照幸教授(社会心理学)が言う。

「アメリカで行われた興味深い実験があります。“他人と接触しない”で実験室内で24時間暮らす実験です。1日目は、起床後、数時間は起きて何かしら動いていますが、7~8時間後に寝て8~10時間ほどグッスリ。翌日また目覚めて独りで時間を過ごすわけですが、なぜか落ち着かなくてそわそわし始める。そう、不安傾向が高まるんですね。不安のほか、悲しみ、あるいは怒りを表に出す人もいます。つまり、人間は生きていく上で、基本的に社会的な刺激を絶やしてはいけないということ。先の実験では、個人差はあるものの、だいたい1~2日で“もうダメだ”と独りに耐えられなくなっていました」

 ここで言う「刺激」とは、音楽、テレビ、新聞などに始まり、散歩やペットと遊ぶことも含まれる。テレワーク中は意識的に刺激を受け入れるべし。中でもペットなど生き物の存在は、“良い刺激”の部類らしい。単身者などは、ペットがいれば不安傾向も起きにくいかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    渡り合える「強さ」で拭い去った夏目三久の「有吉の壁」

  7. 7

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

  10. 10

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

もっと見る