老親の感染リスクに備える 子供が今すぐにやるべきことは

公開日: 更新日:

終活」という言葉がよく使われるようになって久しい。気になるのは、親がどういう最期を迎えたいか。しかし親と話し合おうと思っても、縁起でもないという気持ちが先立って、口にできずにいた人が大半だろう。しかし、今こそ行動に移すべきではないかと言うのが、終活メディアを運営する「Hubbit」所属の終活カウンセラー、数田陽子さんだ。

新型コロナウイルスの感染が拡大する中で、今や誰が感染・発症してもおかしくない状況です。高齢者であれば重篤化するリスクも高い。感染が分かればすぐに入院も考えられます。付き添いや面会は難しく、コミュニケーションが突然断たれてしまいます。志村けんさんは倦怠感を訴えてから12日で亡くなられましたが、短い期間のうちに最悪の事態を迎えてしまう可能性も念頭に置いておくべきです。一度も顔を見ることなくお別れすることも十分にあるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  2. 2

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  3. 3

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  4. 4

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  5. 5

    公明党の「小池離れ」と「自民優先」で都政は立ち往生必至

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    東京女子医大看護師 感染リスク覚悟で対応もボーナスゼロ

  8. 7

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  9. 8

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  10. 9

    <1>戦略家の大統領補佐官が「暴露本」を書いた重大な意味

  11. 10

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

もっと見る