マスクはケースもバカ売れ中 製造追いつかずメーカー悲鳴

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスの感染者が急増している香港で、マスクを収納して持ち歩ける「マスクケース」が売れている。

 香港では3月29日から公共の場での5人以上の集まりが禁止されており、違反者には禁固刑を含む罰則もあり得る。スポーツジムや劇場は閉鎖され、飲食店は席の半分を空けた上でテーブル間を1.5メートル以上離すよう、政府が要請している。さらには禁酒令も検討中。そういうこともあり、街中には人がほとんどいない。

「ところが人が集まっている一角があったんです」

 こう言うのは、香港在住の日本人。何だろうと見に行くと、ダンボールにマスクケースが山盛りになっており、おばちゃんが売りまくっていたそうだ。

「子供向けなのか、日本の人気キャラクターものもありました。安いものだと日本円で100円以下。高くても300円もしない。私はクリアファイルをマスクケースにしていたので買いませんでしたが、安いですし、何個も買っている人もいましたよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  3. 3

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  4. 4

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  5. 5

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  6. 6

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

  7. 7

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  8. 8

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  9. 9

    Go To Travel“外国人も半額”デマ拡散…大慌て火消しの顛末

  10. 10

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

もっと見る