TOEICに応募殺到!学生から「TOEICerは遠慮して」と嘆き声

公開日: 更新日:

「これでは逆効果になるのではないか」。英語の能力を測る民間試験「TOEIC」(国際ビジネスコミュニケーション協会)をめぐり、受験希望者からこんな声が漏れている。

「TOEIC」は今年、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて3~6月のテストが中止となっていたが、9月13日に実施予定の「第252回公開テスト」の申し込みが8日、行われた。すると、ネットによる申し込み受付開始と同時にサイトには受験希望のアクセスが殺到。ツイッターには「繋がらない」「申し込めない」といった声が相次いだ。

 新型コロナ感染対策として受験者数を制限する定員制が導入されたことが主な理由で、東京や関東圏の会場はあっという間に満員に。辛うじて空席がみられた会場は宮城や福島、沖縄、函館などで、受験生からは「新規のコロナ患者が増えている東京から受験に行っても大丈夫なのか」「他県からの受験生が殺到すれば、かえってクラスター(感染者集団)が発生するのではないか」との疑問の声が出ていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  7. 7

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  8. 8

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  9. 9

    東京都コロナ療養者が急増 最も深刻「ステージ4」に突入

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る