和田茂さん<1>65歳で脳梗塞に 大病を患うなら現役中に限る

公開日: 更新日:

和田茂さん(73歳)

「大病を患うなら現役中に限ります。会社が、金銭面や精神面を十分にケアしてくれるし、何よりたくさんの人がお見舞いに来てくれます。逆に定年後の大病は大変です。お金がかかるし、不安も募る。お見舞いに来てくれる人もいないだろうし……」

 こう語る和田さんは、65歳の現役時代に脳梗塞を患った。勤務延長で定年は68歳に延びていて、その3年前に倒れたのだ。

「脳梗塞は気圧にも関係するといわれますが、明日は台風が来るというその前の日でした。体の調子がおかしいと感じたので、シャワーだけ浴びようと浴室に行くと、足がうまく上がらない。その時点ですぐに病院に行けばよかったのだけれども、おかしいなと思いつつ、そのまま一晩寝てしまいました。朝起きると、もうろれつが回らず、階段も自力で下りられない状態になっていました。すぐに救急車で運ばれ入院。三日三晩、飲まず食わずで点滴を受け、25日間の入院生活。その後はリハビリの日々が続きました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  5. 5

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  6. 6

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  9. 9

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  10. 10

    刑務官が巡回中に倒れ…自由になった受刑者が取った行動は

もっと見る