熊谷聖司
著者のコラム一覧
熊谷聖司デジタルデータソリューション株式会社代表取締役

1976年生まれ。2000年デジタルデータソリューション株式会社入社。03年役員に就任。04年データ復旧事業を立ち上げ。07年以降、国内データ復旧市場で日本一の実績。14年同社代表取締役に就任。

実在する有名企業を装った「偽メッセージ」が急増

公開日: 更新日:

 スマホを悪用した詐欺・脅迫事件は後を絶ちません。その手口はますます巧妙化の一途をたどっています。

 昨年の9月にある事件が起きました。ある人のスマホに「電話料金が高額になっています」という内容のメッセージが届きました。SMSの発信者が大手の携帯会社を名乗っていたことが被害を拡大させることになりました。

 実在する携帯会社名からのメッセージであれば「おや?」と思って注目する人が少なくないはずです。もし受信者が電話をよく使う人であったとしたら「もしや」と思い、すぐにメッセージのリンクをタップしてしまうかもしれません。自分の携帯の利用状況や、料金体系をよく確認すれば偽メールとわかるものでも、あわててしまい、提示された大手携帯会社の名前を信用してしまえば、詐欺の被害に遭ってしまいます。

■偽「ハッキング警告も」暗躍

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  2. 2

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  3. 3

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  4. 4

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  5. 5

    安倍前首相「桜疑惑」補填費用900万円の謎 原資は機密費か

  6. 6

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  7. 7

    橋下徹氏が安倍前首相にフジ番組で“辞職勧告”の衝撃!

  8. 8

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  9. 9

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

  10. 10

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

もっと見る