PCR検査数世界155位の我が国にはびこる納得のゆかぬ事象

公開日: 更新日:

 どうにも腑に落ちないのは午後、TVで発表されるコロナ感染者数である。検査した人数が毎日違うし、土日とウイークデーでは極端に異なる。検査の数がバラバラなのだから、感染者の数だけでは比較しようがない。この数値を使って比較可能なのは、陽性率だけだろう。このことは何度か指摘されているが、相変わらず、感染者数が「増えた」「減った」で一喜一憂している。

 フランスでは、1日に3万人の感染者が出ているそうだ。ということは、陽性率が5%としても、1日60万人以上の人が検査を受けていることになる。日本はどうか?

 平均的な例として、10月14日を見る。全国で549人の陽性者が出たが、検査数は2万1837件だ。フランスの27分の1である。この数字を見ると、日本の貧弱な検査体制事情がわかる。

 検査を受け、自分や家族や職場の仲間が、とりあえずは陰性であると証明されれば、気分は明るくなり、活動も活発になる。それこそ、経済活動にとって最も重要なファクターになるはずだ。そんなことは自明の理なのに、政府も医療界も頑としてPCR検査を増やさない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  3. 3

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  4. 4

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  5. 5

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  6. 6

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  7. 7

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  8. 8

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  9. 9

    新型コロナワクチン接種 日本人の3割が恐れる副反応の実態

  10. 10

    武漢発じゃない? 昨年12月以前に「コロナ存在」の信憑性

もっと見る