<52>「やられた」午前7時20分に歩けなくなり救急車で病院

公開日: 更新日:

 投稿サイト「カクヨム」では、「烈風 真田幸村戦記」のほかに、2つの小説をアップしている。殺人事件の謎解きと沖縄の独立が描かれている「クリティカルな球体」と、軽いタッチの官能小説「どうして、むふふ、ダメなの」の2本だ。

「俺のドラマツルギーがあるとしたらニーズ、必要性があるかってことだ。電化製品も小説も、不必要なものは売れない。面白くないからじゃない、求めている人がいないだけだ。柴田(錬三郎)先生も同じことを言ってたよ。独り善がりで書いていることほどみっともないことは、ねえんだからさ」

 賞を取ることと売れることも別の問題だ。

「直木賞や芥川賞を受賞しても、そのあとが書けなくて消えたヤツなんていっぱいいるんだから。受賞に恥じない作品を書かなきゃって構えちゃうのかもしれないけど、書き減りしないのがプロの作家だよ。次はありませんって言うヤツは物書きじゃない。実際に残っている作家よりも消えた方が多いだろ? それに直木賞を取れなくても売れた人も大勢いるしな。『木枯し紋次郎』で大ヒットを飛ばした笹沢左保さんも落とされてるからね。賞なんて、なくていいんだよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    (2)日本の新幹線は「世界で最も安全で最高の技術」と、値引きに一切耳を貸さず

    (2)日本の新幹線は「世界で最も安全で最高の技術」と、値引きに一切耳を貸さず

  2. 2
    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

  3. 3
    欧州で広がる“ステルスオミクロン株”すでに日本でも…間髪入れず2月「第7波」の可能性

    欧州で広がる“ステルスオミクロン株”すでに日本でも…間髪入れず2月「第7波」の可能性

  4. 4
    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  5. 5
    石田純一「3億円豪邸」売却で妻・理子にパラサイト…仕事ゼロ、家庭崩壊報道も

    石田純一「3億円豪邸」売却で妻・理子にパラサイト…仕事ゼロ、家庭崩壊報道も

もっと見る

  1. 6
    日ハム清宮は「勝負の5年目」なのにコロナ感染で出遅れ必至…新庄監督はダメならバッサリ

    日ハム清宮は「勝負の5年目」なのにコロナ感染で出遅れ必至…新庄監督はダメならバッサリ

  2. 7
    秋篠宮さま側近が「悠仁さま進学先報道」に苦言の波紋…皇族もネットニュース閲覧

    秋篠宮さま側近が「悠仁さま進学先報道」に苦言の波紋…皇族もネットニュース閲覧

  3. 8
    池袋ラブホ刺殺事件 プータロー兄弟が「パパ活」殺人犯の逃走を手助けした理由

    池袋ラブホ刺殺事件 プータロー兄弟が「パパ活」殺人犯の逃走を手助けした理由

  4. 9
    “奇跡の53歳”中島史恵 本人史上「一番キワどい!」DVD発売 根強い人気のウラにプロ根性

    “奇跡の53歳”中島史恵 本人史上「一番キワどい!」DVD発売 根強い人気のウラにプロ根性

  5. 10
    (1)車両更新交渉破談! 日本企業連合はコロナ禍に“アポなし渡台”で門前払い

    (1)車両更新交渉破談! 日本企業連合はコロナ禍に“アポなし渡台”で門前払い