【ジンジャーライス】ショウガは米の10分の1以上を用意

公開日: 更新日:

 ご飯は主食であって、おかずではない。もちろん、ツマミでもない。その点でいうと、この一品はどうか。

 たとえば、体育会の学生なら、おかずがなくとも丼一杯ペロリだろう。それくらい主食としての存在感は、揺るぎない。が、力強いショウガの香りが爽やかで、ツマミとしても十分成立する。ビールやハイボールとの相性は抜群だ。

「ウチの谷津シェフのソウルフードなんです。彼のお母さんがよく作っていたそうで、弁当に入れても、おむすびにしてもいい。サッパリとしていて冷めてもおいしいから、ツマミとしても成り立つのだと思います」

 卵もネギも一切なし。ご飯とショウガ以外の材料は、少々の塩とコショウ、醤油のみ。どこまでもシンプルなチャーハンは、いかにしてショウガの風味をつけるか。調理のコツは、その一点に尽きる。

「ショウガの分量は、温かいご飯の10分の1以上を用意してください。ご飯200グラムなら、ショウガは最低20グラム。ショウガ好きなら、25~30グラムでもいい。分量はそのままショウガを紅ショウガに替えるのもおすすめです」

 ショウガで体がポカポカと温まって、食欲も刺激される。これが呼び水となると、食べ過ぎ注意だ。やっぱり食べるならシメか……。

《材料》 
・ご飯 200グラム
・ショウガ 20グラム以上
・塩 少々
・コショウ 少々
・醤油 少々
・サラダ油 適量

《作り方》 
(1)ショウガは皮つきのまま、みじん切りにする。
(2)熱したフライパンにサラダ油を引いて①を加えて、20~30秒でショウガの香りを出す。
(3)②に温かいご飯を加え、塩コショウを振って、強火で炒める。
「ヘラでご飯を切るようにしながら2、3分で満遍なくショウガをなじませます。炒め過ぎないのがコツです」
(4)鍋肌に醤油を回しかけてなじませたら、出来上がり。

▽水谷大輔(みずたに・だいすけ)
 近所の老舗割烹の板前さんに秘伝のレシピを教わるという愛されキャラ。学生時代にサッカーで鍛えた体力を生かし、自転車をこいで豊洲市場や食肉市場に通い、魚介や精肉、モツなど新鮮食材を仕入れている。

▽都映(みやこうつし)
 定番メニューも日替わりメニューも、多くはワンコイン。東京タワーのお膝元・芝大門という都心にあって、良心的な価格でありながら、魚も肉も野菜も厳選素材を仕入れ、丁寧な仕込みで常連客が絶えない。

東京都港区芝大門1―11―9
℡03・3431・5502
土日祝定休

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

  10. 10

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

もっと見る