【鯛とカブの塩昆布和え】素材の甘味と塩昆布のハーモニー

公開日: 更新日:

可不可(東京・麻布十番)

 緑に囲まれた入り口は都心の喧騒を忘れさせる。

 店内には木のぬくもりが感じられるテーブル席が並んでいて、“純和風”な空間だ。

「素材を最大限生かして、簡単にできるおつまみにしましょう」と宮下さん。料理慣れしていないお父さんも、数分あれば一流店の味を再現できる。どれも基本的に日本酒と日本ワインに合わせられる。

 今回の調味料は塩昆布のみなので、刺し身用の鯛(たい)はキッチンペーパーなどでしっかり水気を切るのがポイントだ。

「時間を置くと塩昆布が鯛に染み込んで彩りが悪くなるので、食べる直前に和えます。また、塩昆布は市販の状態だと長いので刻んでパラパラにしてください」

 鯛とカブの甘味が塩昆布と調和。お好みで刻んだシソを添えると華やかになる。

《材料》
・鯛の刺し身 切り身5枚
・塩昆布 小さじ1杯(刻み)
・カブ 2分の1個

《作り方》
(1)刺し身用の鯛をそぎ切りにし、細かく刻んだ塩昆布と和える。
(2)カブは皮を剥きスライスし軽く塩をしておく。しんなりしたら①とさっと和える。

▼宮下大輔(みやした・だいすけ)
 1961年、山梨県生まれ。20代でダイニングバー「春秋」の開店にあたり、95年には麻布十番に「暗闇坂 宮下」を開店。レストランのプロデューサーとして数々の店舗に関わり、2015年に「可不可 KAFUKA TOKYO」をオープン。定期的に料理教室や地方のシェフとコラボしたイベント(現在は休止中)を開催し、「日本のいいものを見直せるお店にしたい」という。

▼可不可 KAFUKA TOKYO(かふか)
 日本の素材を使った料理と和酒(日本酒、日本ワイン)がテーマ。おまかせコース(9品程度)のみの提供で、国産の野菜と魚を生かした創作料理が味わえる。
 店内は木のぬくもりがある静寂な空間。壁には全国のワイナリー、酒蔵、生産者らのサインが寄せられており、オーナーのこだわりが感じられる。

東京都港区麻布十番2―7―14 2階
℡03・5439・6395
定休日は日・祝日

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    伊藤健太郎に映画「ブレスあの波の向こうへ」を処方したい

  4. 4

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  5. 5

    内川聖一がソフトB退団を決意した工藤監督の“塩漬け”姿勢

  6. 6

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  7. 7

    バイデンは大丈夫か? 彼はいつも戦争判断を間違えてきた

  8. 8

    「鬼滅」実写化で民放争奪戦 なぜフジに権利付与されず?

  9. 9

    ホテルの嘆き…GoToキャンペーンで日本人の醜い姿が露わに

  10. 10

    小池都知事の噴飯コロナ対策 ドヤ顔「5つの小」に批判噴出

もっと見る