幼稚園関係者に「マウスシールド」がバカ売れ…なぜ今?

公開日: 更新日:

「マスクといえばこれ、今、めっちゃくちゃ売れているんですわ」

 以前、マスク関連グッズについて取材した「HYPE楽天店」に別件で電話したところ、店舗運営責任者の庄司泰久さんがこう言った。数日前から、口元だけを覆う透明のプラスチック「マウスシールド」の売れ行きが急増しているとのこと。

「正直、こんな物々しいやつ、ウケるんかなと思ったんやけど……。1日3000枚くらい売れたこともあった」

 マウスシールドは、昨日今日登場したものではない。それがなぜ今になって急激に売れ行きが伸びているかというと、考えられるのが、近頃指摘されるようになった、マスクの子供への影響。感染予防対策で大人がマスクを着けていることで顔の表情が見えなくなり、それによって小さな子供たちの笑顔が減ったり、反応が薄くなったり、無表情になったり……ということが言われているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  6. 6

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  7. 7

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  8. 8

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る