回転売買に要注意! 金融機関の餌食になる人の「3大要因」

公開日: 更新日:

 低金利、ゼロ金利時代になり、利ザヤを稼ぐという金融機関の伝統的なビジネスモデルが曲がり角にきて久しい。

「金融機関にとって、依然として金利ビジネス(利ザヤ収入)は大きいですが、手数料収入も拡大させています。個人のお客さまでいえば、投資信託販売、保険窓口販売などから得られる手数料収入はそのひとつですね」(大手銀行関係者)

 投信販売でいえば購入手数料、保険販売では個人年金の契約費用だ。これらの手数料収入は、大手銀行では収益構成の約3割を占める。

「一度売っただけでは、手数料も一度きり。それでは金融機関の収益に貢献しない。そこで行われているのが、回転売買です」(金融機関関係者=以下同)

 投信も保険も、新商品が次々に発売される。「もっといい金融商品があります」といって、乗り換えさせる。売り買いが増えれば、購入時と解約時に手数料が転がり込む。これを繰り返し行うのが回転売買である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

  3. 3

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  4. 4

    再燃した「サクラ疑惑」は権力者同士の泥仕合なのか

  5. 5

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  6. 6

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  7. 7

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  8. 8

    二階氏の「春謳歌」続く 強靭化5年延長も菅首相が満額回答

  9. 9

    ステージ4突入間近 感染爆発招いた大阪維新「3つの大罪」

  10. 10

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

もっと見る