【サバ缶煮込みジンジャーカレー】鍋に入れて煮るだけ完成

公開日: 更新日:

エリックサウスマサラダイナー神宮前(東京・渋谷)

「サバ缶はスパイスとの相性がすごくいいんです。ダシがすごく出るのも魅力的。マトンなどは長時間煮込む必要がありますが、サバ缶なら一瞬でダシが出るので、短時間でおいしいカレーになります」

 そもそも南インドでは、サーモンやサワラなど魚をよく食べるという。南インド料理のプロから見ても、サバ缶は簡単なものから本格的フィッシュカレーまで幅広く使える優秀素材。

「今回はすべての材料を鍋に入れて煮るだけの超簡単レシピ。生姜をスパイスとして用いており、たっぷりの生姜が決め手です。サバ自体の味の力が強いので、生姜の味に負けず調和の取れたカレーに仕上がります」

 南インド料理用にサバ缶をそろえるなら、ぜひとも水煮で。サバは崩し過ぎない方が、“つまみ感”が出る。

《材料》
・サバ水煮缶 1缶
・生姜 15グラム
(親指大の大きさで皮ごと千切り)
・ニンニク 1片
(スライス)
・タマネギ 2分の1個
(くし切り)
・トマト 2分の1個
(くし切り)
・塩 小さじ2分の1
・カレー粉 大さじ1
・水 100㏄

《作り方》
(1)全ての材料を鍋で混ぜ合わせ火にかける。
(2)沸騰したら蓋をして、タマネギが軟らかくなるまで煮込めば完成。

▽稲田俊輔(いなだ・しゅんすけ)
 鹿児島県生まれ。和・洋・エスニックと幅広い飲食店を展開する「円相フードサービス」専務取締役。食全般に造詣が深く、南インド料理ブームの立役者ともいわれる。「イナダシュンスケ」によるSNS上の発信には、熱烈なファンも多い。著書に「人気飲食チェーンの本当のスゴさがわかる本」(扶桑社新書)、「南インド料理店総料理長が教える だいたい15分! 本格インドカレー」(柴田書店)。

▽エリックサウスマサラダイナー神宮前店
 南インド料理の「エリックサウス」だけでも全8店あり、それぞれ趣が異なる。最も新しい店は岐阜店。神宮前店はワイン片手に南インド料理をちょっとつまむのも良し、ここでしか味わえないモダンインディアンコース(5500円)をがっつり楽しむのも良し。お一人様カウンター限定メニューもある。

東京都渋谷区神宮前6―19―17
GEMS神宮前5階
℡03・5962・7888
定休日 なし

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  8. 8

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  9. 9

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  10. 10

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

もっと見る