小川彩佳アナという美人妻と結婚直後でも不倫する男のなぜ

公開日: 更新日:

「あんな美人と新婚ホヤホヤでも浮気するんだねえ」――。そんなオジサンのやっかみの声が聞こえてきそうだ。

 小川彩佳アナ(35)の夫で医療ベンチャー「メドレー」“前”代表取締役・豊田剛一郎氏(36)の不倫騒動。

 豊田氏は父親が元大蔵官僚で元衆院議員、本人も開成中・高から東大医学部卒で、取締役に降格したとはいえ、時価180億円相当の同社株を保有という“超ハイスペック男子”だ。

「小川アナも父親が慶応大医学部教授、本人も青山学院大卒と、まさに才色兼備そのもの。2人が2019年7月に結婚した時はお似合いのハイスペック夫婦ともっぱらでした」(スポーツ紙芸能担当デスク)

 ところが豊田氏が、小川アナと同い年で安達祐実似という不倫相手と急接近したのは、19年の夏ごろからとされる。ほぼ同時進行だったわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る