15歳で終身刑に…83歳が「シャバ」の空気を68年ぶり吸う

公開日: 更新日:

 米ペンシルベニア州フィラデルフィア市出身のジョセフ・リゴンさん(83)は先週、68年ぶりに「シャバ」の空気を吸った。リゴンさんは15歳の時、暴行をはたらいて2人を死亡させ、終身刑で服役していた。少年犯罪による受刑者としては全米最長の服役年数が記録されている。

「こんなに高いビルがたくさんあるんだ」

 1953年の入所以来、地元フィラデルフィア市の高層ビル群を見るのは初めてだった。生きている間に出所することはないと思っていただけに、「外の空気はとても新鮮」とフィラデルフィア・インクワイアラー紙に語っている。

 出所できたのは、少年犯罪による長期受刑者を救う団体がリゴンさんの出所に尽力したためだ。出所申請を審議していた裁判所は、68年間も刑務所内でほとんど問題を起こさなかったリゴンさんの立場を尊重し、釈放を許可した。

 救済団体の代表は「ゆっくりと新しい環境に慣らしてあげるように努めます」と出所を祝福している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る