鹿が雪崩に巻き込まれた!目撃者の“奇跡の救出劇”が話題に

公開日: 更新日:

 雪崩で生き埋めになった鹿を救出した男性のフェイスブックへの投稿が注目を集めている。

 2月3日のこと。ジェシー・ダールバーグさんはカナダ西部カルガリー郊外の町フィールドで、友人たちと「雪崩」を見物していた。と言っても自然発生的なものではなく、巨大な雪崩を防止するために、わざと爆薬を使用して引き起こす小規模な“人工雪崩”だ。

 爆発が起き、山の斜面を雪が流れ落ち始めた時、ジェシーさんは雪崩が向かう先に鹿がいることに気が付いた! その様子を撮影した動画には、ジェシーさんがこう叫ぶ声が録音されている。

「おい、下流に鹿がいるぞ。なんてこった、巻き込まれて死んじまうぞ! あー、巻き込まれた。かわいそうな鹿。なんてこった!」

 ジェシーさんはすぐに友人たちと、鹿が巻き込まれたあたりに急行。雪崩があった場所の近くに車を止めて、付近を調べたところ……顔まで雪に埋まっている鹿を発見!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  3. 3

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  6. 6

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  9. 9

    小室圭さんが国民を見返す日 年収5000万円の米弁護士に

  10. 10

    小室圭さん自己弁護の反論文書は安倍前首相の国会答弁同様

もっと見る