SALLiA(サリア)
著者のコラム一覧
SALLiA(サリア)歌手、音楽家、仏像オタク二スト、ライター

歌って作って踊るスタイルで話題を呼び、「イデア」でUSEN 1位を獲得。2018年より仏像オタクニストの活動を始め、初著「生きるのが苦しいなら」は紀伊國屋総合 ランキング3位 を獲得。近著に「アラサー女子、悟りのススメ。」(オークラ出版)がある。

農作RPG「天穂のサクナヒメ」リアルさ追求で異例のヒット

公開日: 更新日:

「米は力だ!」というキャッチコピーとともに発売されたゲーム「天穂のサクナヒメ」が、異例のヒットを見せている。本作は2020年11月にPS4、Nintendo Switch、PC向けにリリースされ、発売直後からSNSなどで話題となり、発売15日後には出荷本数が50万本を超えた。 さらに今年1月末には、世界累計出荷数85万本を記録し、ゲーム総合誌"週刊ファミ通が発表した"超流行りゲー大賞2020"では「どうぶつの森」「ファイナルファンタジーⅦ リメイク」という大型タイトルに次ぐ4位にランクインした。

■インディーズゲームサークルが開発

 本作を企画・開発したのは「えーでるわいす」という日本のインディーズゲームサークル。開発したコアメンバーはたった二人である。世界的にもインディーズゲームが話題となることはあるが、日本のインディーズゲームがここまで大型タイトルを凌ぎ、ゲーム業界を席巻したのはあまり例を見ない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る