SALLiA
著者のコラム一覧
SALLiA歌手、音楽家、仏像オタク二スト、ライター

歌って作って踊るスタイルで話題を呼び、「イデア」でUSEN 1位を獲得。2018年より仏像オタクニストの活動を始め、初著「生きるのが苦しいなら」は紀伊國屋総合ランキング3位を獲得。近著に「アラサー女子、悟りのススメ。」(オークラ出版)がある。

難病抱えるパーソナルスタイリストの「一線画すサービス」

公開日: 更新日:

 コロナ禍で「パーソナルスタイリスト」が人気だという。「オンラインでサービスを提供していますが、すぐに予約枠が埋まってしまいます」と語るのはパーソナルスタイリストの酒井藍さん(35)。彼女は“強直性脊椎炎”という体が痛くなる免疫疾患と向き合いながら、フリーで活動している。

「難病を発症して2~3年は社会の中で働こうともがきましたが、実質クビになったり、仕事が続けられない状況ばかりが続きました。仕事も家族もお金も何もない絶望の中で失業手続きを行うため渋谷の街を歩いていた時、ふとショーウインドーに映った自分の姿がボロボロで唖然としました」(藍さん)

 藍さんがそんな出来事を母親に電話で話したところ、「すぐに10万振り込むから今の服全部捨てて新しいお洋服買って明るい気持ちを取り戻しな!!」と言われ、翌日すぐにショッピングに出掛けた。自分の気持ちを上げてくれる服をたくさん選んでその場で着替え、再び渋谷の街を歩いたら、不幸な出来事が嘘のように消え去ったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  2. 2

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  5. 5

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  6. 6

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  7. 7

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  8. 8

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  9. 9

    朝乃山の“ダメ師匠”元大関朝潮 自身も飲み歩き「退職」

  10. 10

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

もっと見る