大変!米ヒューストン住宅街でトラがてくてく…飼い主は誰

公開日: 更新日:

 日常では、まずお目にかかれない光景である。米テキサス州ヒューストンの住宅街を、5月10日夕刻、1頭のトラが徘徊(はいかい)していた。あまりに突然の出来事に、付近の住民も度肝を抜かれた。近所に動物園があるわけではない。

 実はテキサス州法ではトラなどの猛獣を一般民家でペットとして飼育することが可能で、どこからか逃げ出して公道を歩いているところを動画に撮られたのだ。

 トラと遭遇した人の中に非番の警察官がおり、自宅に戻って銃を持ち出し、引き金を引く寸前までいった。

 ヒューストン市警にも通報されたが、警察車両が到着する前にトラの飼い主が現れ、白いジープ型車にトラを乗せて走り去ったという。付近の人はオーナーを特定できなかったばかりか、車両のナンバーを見逃してしまった。

 ただ、その後の調べで、近所に住む26歳のヒスパニック系の男性が飼い主であることが判明。ケガ人が出なかったことが何よりだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  2. 2

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  5. 5

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  6. 6

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  7. 7

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  8. 8

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  9. 9

    朝乃山の“ダメ師匠”元大関朝潮 自身も飲み歩き「退職」

  10. 10

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

もっと見る