夏樹久視
著者のコラム一覧
夏樹久視作家

1947年東京生まれ。週刊誌アンカー、紀行作家、料理評論家などを経て推理作家に。別名で執筆の多くの作品が話題を呼びTVドラマ化。母親の認知症を機に、65歳でヘルパー2級の資格を取得、約5年間、デイサービスでの就業を経験する。紀行文、料理本、ミステリーなど著書多数。日本推理作家協会員。

今は時給950円 その15倍稼いだ頃の話に花を咲かせていると

公開日: 更新日:

 遅番のある日、出版業界時代の友人と久しぶりに会い、ファミレスでランチした。

「いまや、時給950円のパートタイマー」

 自嘲を込めて言う。30年以上前、僕が仕事をしていた週刊誌の原稿料は1ページ1万5000円だった。1ページ書くのに約1時間。2ページで3万円、3ページで4万5000円になった。

「あの頃のほぼ15分の1だ。ということは、当時の1年分を稼ぐのに、いまは15年かかるわけだ」

 思わず愕然とした。

 週刊誌のアンカーと言っても一般には馴染みがないだろう。説明しよう。週刊誌のニュース記事は速報性が命。発売日4日前の午後にテーマが決まる。発売日が木曜日なら、テーマは日曜日の午後に決まり、1チーム5人前後の記者が一斉に動きだす。

 たとえば、テーマが高級官僚のセクハラなら、本人のコメントをはじめ、家族、同僚、学生時代の友人や教師らに聞き込みを入れ、被害者の捏造疑惑などの「ウラ取り」を含め、真相を探る。過去の同様の事件などを徹底的に調べ、火曜日の夕方までに記者がデータ原稿を起こす。それをもとにテーマの切り口、タイトルを編集部が決め、アンカーが記事をまとめる。タイトル、見出し、写真などをもとにデザイナーが紙面をレイアウトし、原稿の字数が決まる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  2. 2
    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

  3. 3
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  4. 4
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  5. 5
    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

  1. 6
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 7
    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

  3. 8
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  4. 9
    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

  5. 10
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?