夏樹久視
著者のコラム一覧
夏樹久視作家

1947年東京生まれ。週刊誌アンカー、紀行作家、料理評論家などを経て推理作家に。別名で執筆の多くの作品が話題を呼びTVドラマ化。母親の認知症を機に、65歳でヘルパー2級の資格を取得、約5年間、デイサービスでの就業を経験する。紀行文、料理本、ミステリーなど著書多数。日本推理作家協会員。

今は時給950円 その15倍稼いだ頃の話に花を咲かせていると

公開日: 更新日:

 遅番のある日、出版業界時代の友人と久しぶりに会い、ファミレスでランチした。

「いまや、時給950円のパートタイマー」

 自嘲を込めて言う。30年以上前、僕が仕事をしていた週刊誌の原稿料は1ページ1万5000円だった。1ページ書くのに約1時間。2ページで3万円、3ページで4万5000円になった。

「あの頃のほぼ15分の1だ。ということは、当時の1年分を稼ぐのに、いまは15年かかるわけだ」

 思わず愕然とした。

 週刊誌のアンカーと言っても一般には馴染みがないだろう。説明しよう。週刊誌のニュース記事は速報性が命。発売日4日前の午後にテーマが決まる。発売日が木曜日なら、テーマは日曜日の午後に決まり、1チーム5人前後の記者が一斉に動きだす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る